«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

積もっていますemojimtsnow

鍼灸学科学科長の小野です。

emojimtsnowです!!!!!!
ニュースでもかなり出ていますが、日本海側大変なことになっています。
新潟県内では比較的降雪量が少ない新潟市内でも、結構積もっています。
2年前にもっとひどい時がありましたので、まだそこまでではありませんが…かなり積もっています。
明日からもまだ続きそうですので、もっと積もりそうです。
昨日も、鍼灸学科の学生が雪で転び怪我しました。
皆さんも雪道には充分注意してください。
学校でも、今朝慌てて融雪剤を購入しましたemojimtwobbly

さて、鍼灸学科では試験が続いています。
3年生は、2月4日に卒業試験があります。
1・2年生は、期末試験がちょくちょく続いています。
試験は、競争試験ではないので60点をとれば合格です。
国家試験も60%をとれば合格です。

大体そうでしょうが、60点を目指してもなかなか合格できません。
「80点とれた」と思っても、「60点代」ということが多いでしょう。
最初から、60点を目指ささず80点を目指してやっと合格点だということは認識した方がよさそうです。

雪の中大変ですが、頑張りましょう!

いよいよ冬本番emojimtbearing

鍼灸学科学科長の小野です。

新潟はかなり冷えてきましたemojimtsad
11月の下旬なので当然ですが、関東ではまだ暖房もいらない日があるようですが新潟は日々暖房が必要です。
学校の実技室も空調だけでは足りないので、補助暖房で灯油ファンヒーターも出しました。
今週は、アラレも降りましたのでいよいよ冬本番ですemojimtsnow

さて、鍼灸学科ではテストが続いていますemojimtpencil
28日は、卒業見込みの実技試験です。
当日、我々教員は一日実技室にこもりきりです。
3年生には、3年間学んできたものをしっかり出してもらいたい所です。
それが終わると12月3日に卒業見込みのペーパー試験emojimtmemoが行われます。

今度の日曜日27日は、アルビレックスBBのバスケ観戦emojimtbasketballもあります。
学科としてはイベントごとが多くて忙しい日々が続いています。
そんな中、マイコプラズマ肺炎などが流行っているようなので、体調管理には注意しましょう。

冬到来…試験の季節

鍼灸学科学科長の小野です。

新潟はいよいよ寒くなってきましたemojimtshock
日中は、日差しがあれば暖かいのですが朝晩はすっかり冷え込みます。
今年は、ジェットコースターなみに温度差が激しい天気でしたが、ようやく冬emojimtsnowが来たようです。
それでも、例年であれば学校の鍼灸実技室の補助暖房を出している時期ですが、今年はまだなので暖かい方なのかもしれません。

さて、鍼灸学科では試験関係が多い時期となっていますemoji383
中間試験や期末試験など1日1科目しかないですが、学生は試験となるとブーブー文句を言っています。試験は、最終的に国家試験という形できます。
そのためには、一つ一つの科目を完璧でなくてもある程度の到達度にならないと困ります。
コツコツと試験を終わらせることこそ、国家試験につながる道なのです。

特に、3年生は、11月28日に卒業見込みの実技試験と12月3日に卒業見込みのペーパー試験があります。
この試験に合格した者が、卒業見込みの資格を手にして国家試験を受験できることになります。毎年ドタバタの時期ですが、頑張ってもらいたい所です。

今週末あたりは、emojimtrvcar冬タイヤへ交換する方が多いのではないでしょうか?
寒い中での作業になると身体を壊す人が結構います。
治療院でもこの時期、急に整形外科疾患が多くなったりもします。
充分準備運動した上で作業に入った方が宜しいかと思いますemojimtwink

汗のかき過ぎに注意しましょうemojimtsweat01

鍼灸学科学科長の小野です。

暑いです!!!!
新潟も先週梅雨が明けて、猛烈に暑くなってきました。
そんな中、水曜日は学校の空調が壊れ夜間部の授業は滝のような汗を流しながらの授業となりました。
昔は空調などいらないぐらいの気温でしたが、今やそんな時代でなくなりました。
温暖化の影響でしょうかemojimtsad

さて、今日は暑いので熱中症の話です。
伝統医学では、「気随液脱」という言葉があります。
汗をかき過ぎると、一緒に気も流れて出ていってしまいます。
つまり、暑い時期で適度に汗を流す程度なら良いのですが、猛烈な汗は気も消耗して倦怠感や無力感が起こってしまいます。
あまり汗をかき過ぎると、いけないことが昔から分かっています。
汗のかき過ぎは、身体に良くないのです。
省エネ時代でも、公共の施設はクーラーがあります。
上手くこの夏を乗り切りましょうemojimtshine

鍼灸祭

鍼灸学科学科長の小野です。

本日は、新潟は大変気持ちの良い天気emojimtsunになっています。
なかなか晴れが少ない新潟ですが、本日珍しく晴れていますemojimthappy01

さて本日、看護学科では戴帽式が行われています。
厳かなセレモニーで、これを経て看護師としての思いを高めていくようです。

鍼灸学科で同じようなセレモニーがあるかと言えば…ありません。
ただ、今年は東日本大震災の影響でなくなりましたが「鍼灸祭」というのが東京の湯島聖堂で行われています。

これ以外にも、
東洋思想の祖として、伏義(ふぎ) 
漢方薬の祖として、神農(しんのう) 
鍼灸の祖として、黄帝(こうてい) 
併せて、管針法の創始者、杉山和一検校と、
打鍼法の祖とされる、御薗意斎(みそのいさい)師も、祭神としてお祀りしている福岡の方で「鍼灸祭」もあるようです。
縫い針の針供養と若干異なりますが、日頃我々が行っている業に対する感謝という意味は同じかもしれません。

鍼灸業界も学生用に何かイベントを考えたいですね。

外へ出ようemojimtnote

鍼灸学科学科長の小野です。

GW如何お過ごしでしょうか?5月6日もまだお休みでしょうか?
鍼灸学科の学生は、本日もお休みで10日間のGW中ですemojimthappy02
学科長方針として、なんでもかんでも学校に来させられれば良いと考えていません。
むしろ、休みを利用してそれぞれが学校の勉強の遅れを取り戻したり、自分の趣味や未来に向けての勉強を進めたりした方が良いと考えています。

さて、今日は縁起の良い写真をひとつ。
ここ↓は、どこでしょう?(正解は次回で)
null
実は、私まだ海外にいますemojimtshine

当校をはじめとするNSGグループでは、国際舞台で活躍できる人材の育成を教育方針に掲げています。
私自身学生時代は、あまり外にでる思考はありませんでした。
ただ、鍼灸師になるために学校に通う条件として「中国に行くこと」でした。
中国に留学して以来、海外に出ることがなんの苦もなく行けるようになりました。
海外嫌いの人の多くが、行かず嫌いか本当に体質的に合わないかのどちらかでしょう。

そもそも、自分が仕事をする舞台が日本でしかないと考えている人達が多いように思います。
学生たちにも、抜本的に自分の進路を広く考えるように指導しています。
海外で仕事をしてみるのも、良いと思います。
特に、鍼灸師という仕事はビザが取りやすい資格です。
専門職を身につけて、海外で勝負してみるのも良いでしょう。

待望の春emojimtcherryblossom

鍼灸学科学科長の小野です。


新潟は、ようやく暖かい日が続きも芽吹き始めましたemojimthappy01
今年は、震災の影響でお花見ムードではありませんが少しずつ春を感じる日々が続いています。


さて、新学期が始まりようやく1週間が経ちます。
学生にとっては、今週1週間は相当長く感じたのではないでしょうか?
先週までのイベント続きの1週間が終わって授業開始週に入り、我々教員にとっては通常のリズムに戻り少し気持ちが楽になりました。

新入生にとっては、とてつもなく長い1週間だったようです。
高校時代まで50分授業が多かったので、当校の90分授業がかなりつらいと感じられるのでしょう。
我々も、新入生の授業ではこの時期はなるべく脱線しながら授業をするようにしています。
ただ、学生に聞いて分かったのですが高校でも50分授業以外に55分や52分という不思議な刻み方をしているところがあるようです。
いよいよ週末emojimtshineしっかり休んで来週からの授業に備えてもらいましょう。

鍼灸の学術にも震災による影響が出ています。
今週は、各種の学会が軒並み中止・場所の変更等各種検討しているようです。
今年は、予定していた動きを変えざるを得ない状況になりそうですemojimtshock

それでも、やはりは来る。
希望の花が開くまで、当校の新入生も一歩ずつ前進してくれるでしょう。

日本を離れてemojiemotion04

鍼灸学科学科長の小野です。


新潟は、先週から降った雪がまだ残っています。
かなり晴れている日が多いのですが、今年はなかなか溶けてくれません。
気温がかなり低いのでしょう。

さて、先週の予告通り冬休み中の海外行脚の話です。
先週報告した通り、中国での教科書編集会議でバタバタしました。
そのあと、-10度前後の中国を後にしてグァムに飛びました。
今度は、30度前後あるのですから身体がなかなかついていきません。
気温が高いのですが、あまりプールに入りたいという気持ちになれません。
恐らく、身体の芯が相当冷えていたのでしょう。
2日ぐらいするとようやく身体が慣れてきました。
そんな、グァムの写真を一枚。
定宿にしてるホテルからですが、ちょっと面白い写真が撮れました。
手前がプールなのですが、プールから海が近く一直線上に見えます。
南国特有のスコールの合間に晴れ間が見えているという感じです。
スコール後の…

もう一枚がグァムでのお気に入り、オニオンの揚げ物です。
日本でもオニオンリングはありますが、衣をつけてそのまま揚げるというのは珍しいかもしれません。
アメリカらしく大味ですが、なかなかの味です。
お気に入りの一品♪

たまに、日本を離れると面白い経験が出来ます。

『色』でいろいろ判りますemojiface01

鍼灸学科学科長の小野です。

新潟市内は、この冬一番の積雪ですemojiweather06
午後から晴れてきているので残らず溶けてくれれば良いです。
これが凍ったりするとやっかいなので、温度が高くなったり雨で流してくれると助かります。

さて、鍼灸学科では今年最後の授業日となります。
本日、教務は3年生のためにバタバタしています。
本日が、国家試験願書提出日だからですemojiemotion01
3年分の思いを載せて、我々も事務作業をしております。

さて、以前にも書いたか忘れましたが伝統医学は陰陽五行に基づく治療を行っております。
その中で、「五色」として青・赤・黄・白・黒という色があります。
その色に配当される、肝・心・脾・肺・腎という臓があります。
(西洋医学の心臓・肝臓とはイコールではありません)
『バイデジタルOリングテスト』と言って、この五色を利用して診察をする方法があります。

『バイデジタルOリングテスト』とは、
1)患者様の左手の親指と人差し指をつけて0の形を作ります。
2)これにグッと力を入れて頂き開かないようにしてもらいます。
3)そして、術者が開かないぐらいの力かどうかを確認にします。
4)次に、五色の色(色紙等)を右手で触ってもらって3と同じ力で指を開こうとします。
そうすると、問題のある臓の色に触っている時には指がパカッと開いてしまいます。
例えば、疲れていたりストレスが貯まっている人では青色で開いたり、
胃腸が弱い人であれば、黄色で開いたりします。
(当校の事務局スタッフは、時節柄酒の飲みすぎもあってか青色で開きました。)

このテストを応用すると、食べ物で食べれるのかどうかということを判定することができたり、
アフリカなどで井戸水を掘ったりした際に、その水が飲めるかどうか確認するにも試薬がないような時にも使えます。

これから、年末でお疲れになると思いますので御身体には充分注意してください。
年内はこれが最後のブログになりますが、皆さん良いお年を!!

もうすぐ冬休みemojiface01

鍼灸学科学科長の小野です。


昨日、新潟は初雪emojiweather06ということでしたが市内ではミゾレ程度でした。
ただ、昨日の夜は上越地域は大荒れで竜巻emojiweather05も起こったようで被害も出たそうです。
例年の新潟であれば、もう雪が何度か降って積もっていても良いころです。
今年は予想では寒くて昨年並みの雪ということでしたが、どうも当たってないようです。
昨年は、大雪で休校が続き3月も授業ということがありました。
今年は、そんなことがないことを願います。

さて、本日が終わればあと1週間で冬休みに入ります。
1・2年生は、年が明けると試験があるので少しずつその準備といったところでしょう。
忘年会やらクリスマスemojixmasといった準備にうかれているようです。

3年生は、いよいよ期限が迫ってきました。
12月20日までに国家試験財団に願書が必着しなくてはなりません。
そのため、17日までに卒業見込みの資格が出なくてはなりません。
見込み試験も最後になってきます。
最後まで諦めず頑張ってもらうしかないでしょう。

我々教員ももうすぐ冬休みです。
私は、冬休みに宿題がどっさりです。
中国の教科書で『刺絡放血療法』という本の編集委員として活動しております。
この教科書が、出版前の最終段階です。
この関係の仕事に冬休みは費やすことになりそうです。

«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»