«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

国試WEEK突入emojiemotion01

鍼灸学科学科長の小野です。

いよいよ国家試験ウィーク突入です。
明後日は、看護学科の国家試験が行われます。
昨日も看護学科の学生を治療して体調を整えて送り出しましたemojiface01
看護師国家試験は、東京での受験なので大変です。
鍼灸の国家試験は、新潟で受験可能ですし、医師国家試験や歯科医師国家試験も新潟で行われます。
同じ国家試験で、それも人数の多い看護の国家試験が新潟で行われないのが不思議なところです。

さて、本日の新潟はまたemojiweather06でした。
来週は鍼灸の国家試験が行われるので、なんとか良い天気emojiweather01であって欲しいと思います。
受験生の皆さん、最後まで諦めず頑張りましょうemojiemotion04

鍼灸学科学科長の小野です。>>>姿勢のハナシ

はり師・きゅう師の国家試験が2月28日(日)に行われます。(いよいよ1ヶ月きりました。)

鍼灸学科以外も2月・3月に各科の国家試験が行われます。
学生達も最後の追い込みで附属治療院に多く来るようになりました。

そこで、今日は姿勢の話。
普段勉強や仕事の姿勢で机と椅子の高さを気にしたことがありますでしょうか?
実は、肩こりには非常に重要な関係があります。
腕があがった状態が続くと肩の筋肉が長く収縮し続けるかたちになります。
そうなると、そこが鬱滞して痛みが生じてきます。

是非、机と椅子の高さを見直してみてください。
恐らく、これだけでも肩こりは予防できると思います。

emojilife02上位発表

鍼灸学科学科長の小野です。

年末にemojiweather06で夜間部休校というのが3日間も続き、やっと終わったと思いきや
年明けもemojiweather06…夜間部休校の日が出ましたemojiface02
厚生労働省でやらなければいけない授業時間数が決まっているので、
休みにしても後で授業を行わなければいけないんですけど(笑)

さて、本日は学生からのリクエストにお答えしますemojiemotion01
意外とこのブログを見てくれている学生がいるようでこのようなリクエストがありましたemojiface01
「いままで機内食でおいしかった航空会社はどこですか?」
私が、いろいろ海外を渡り歩いているのでこんな質問なのでしょう。

以前にエアカランという航空会社の食事を紹介しましたが、それに続くのがアシアナ航空のこちら↓
お粥定食♪
お粥定食です。
お粥は韓国風でごま油の香があり、日本の白粥とはちょっと違った感じでした。
もう一つのプルコギ定食↓は、ちょっと面白い食べ方です。
プルコギ定食♪
画面右に写っているお肉は、すき焼きのような味付けです。
画面左手の野菜で肉とご飯と味噌を巻いて食べます。
このお味噌が日本の味噌と違い松の実やらいろいろ入っています。
キムチもそうですが、発酵食品の文化は韓国は非常に進んでいるような気がします。

以上、リクエストにお答えしましたemojiface01

鍼灸学科学科長の小野です。

冬休みもあっという間に終わり、新学期もスタートしたのでブログも再開です。

本日は、冬休みに行ってきた韓国のemojilife08情報です。
ソウルの中心部から地下鉄ですぐ、
祭基洞(チェギドン)駅近くのソウル薬令市(京東市場)と韓医薬博物館に行ってきました。

市場の門
写真は、市場の入り口の門です。
市場では、漢方薬を中心に各種の道具関係が売っていてお灸の道具は日本でもないような道具が売られています。
ソウルでは、同じようなお店が密集していてくれるので非常に漢方薬を買いたい人はここに来ればまとめて手に入る便利なところです。

また、その市場近くに韓医薬博物館にも行ってきました。
ここは、入場無料で韓医薬の歴史や理論が一般向けに紹介されている場所です。
昔の病院のジオラマや古典の書籍・昔の鍼や鍼ケースが展示されています。
その1その2その3
韓国での韓医学はドラマ『チャングムの誓い』で脚光をあびましたが中国からの伝統医学がそのままの形で流入し、李済馬が1894年に『東医寿世保元』を執筆し独特の医学体系がまとめられました。
この博物館では、その本も展示されていました。
博物館では、自分の体質改善の食養生なども紹介されていました。

日本では、伝統医学の博物館が関西に一つありますが、もう少しあると一般の方に啓蒙できるようにも思います。
医療経済の中でみも、伝統医学が病気予防に貢献し保険に負担をかけないことは明らかです。
そういった個人の意識をしっかりと根付かせようとしているソウルの博物館には学ぶところが多かったです。

美容分野にも広がるフィールド!鍼灸!!

鍼灸学科学科長の小野です。

今年の担当で美容医学の授業をやっています。
鍼灸領域にも美容分野は、非常に盛んに行われています。
今、エステティック関連で発展している企業さんも、もともとは鍼灸治療院から始まったところがあります。

授業の中では、そんな話やら鍼灸関連の実技を行っています。
先日、オイルマッサージをやりました。
そのオイルに「アンチストレスオイル」というものをつかいました。
ご存知のように、アロマオイルの入ったマッサージオイルです。
成分としては、レモングラスが香りとしても強いようで、気持ちが楽になる感じは非常にあります。(柑橘系の香りです)
学生からの評判も良く、治療院で使っていても好評ですemojiemotion01
私の場合は、あん摩マッサージ指圧師免許もあるので治療院で使っています。

いよいよ年の瀬で、このブログも年内このあと1つになります。
暖冬の新潟ではありますが、いよいよ寒くなってきましたemojiweather06
皆さん風邪などひかないようお気をつけくださいemojiface01

本日、実技試験emojiemotion01

鍼灸学科学科長の小野です。

本日、いよいよ3年生の卒業見込みの実技試験が行われます。
その後、12月4日に卒業見込みのペーパー試験があります。

鍼灸の世界では、毎年2月最終日が国家試験日になっています。
今年の場合は、2月28日です。
この国家試験を受験するために、12月中に願書を提出する必要があります。
願書を出すためには、「卒業見込み」という見極めが必要で、この見極めのために、
卒業見込み試験が行われるわけです。

全国どこの学校も同じようなスケジュールかと思います。
今年は、インフルエンザの流行にともない試験財団にも対応を提案していますがあまり対応は考えてないようですemojiface02
一番大切な季節ですので、くれぐれも体調管理には注意してもらいたいものです。

当校では、他学科で新型インフルエンザの学生が出ましたが、鍼灸学科の学生からはまだ一人も出ていません。
他の学校でも同じようなことが起こっているならば、『鍼灸がインフルエンザに効果あり!?』という話がでるかもしれません。

というわけで、本日一日中実技試験になりますので、今週はこの辺で (*^∀^)/~

世界での鍼灸emojiclover

鍼灸学科学科長の小野ですemojiface01

今日は、世界での鍼灸の話ですemojiemotion01
11月2日から世界鍼灸学会連合会(WFAS)がフランスのストラスブールで
開催されました。これは、4年に一度開かれる学会です。
鍼灸は、中国から発生したものであることは間違いないのですが、
今では世界中で行われています。
私も、京都・ニューヨーク・韓国で行われた学会には参加しました。
世界中で様々な研究が行われ、鍼灸の奥深さと可能性の無限さに驚かされたことが
記憶に残っています。

この大会で面白いのが、パーティーの席ですemojiemotion02
学会が始まる前か、終わった後にパーティーが行われます。
そのとき、世界各国から集まる参加者の服装が民族衣装が多く世界中から
集まっていることを実感させられます。
ニューヨークでの学会の際も、カウボーイハットに大きなバックルのベルトにブーツの
カウボーイスタイルの人がいたり、頭にターバンを巻いた人達がいたり、
日本人では着物に身を包む人がいたり(*⌒∇⌒*)
うちの学生にもこういう経験はしてもらいたいと思うのですが、フランスとなると・・・・
学生のうちに海外やこういう経験をすることは非常に意味のあることだと思います
なにしろ、当校は『国際』メディカル専門学校ですからemojiemotion04

次回大会は、4年後オーストラリアが予定されているそうです。
私も久しぶりに、行ってみたいとところです(・c_,・。)ゞ☆

ウォームビズ スタートemojiemotion01

鍼灸学科学科長の小野です。

少しずつ寒くなってきましたemojiface02
自転車で通う学生達は手袋や耳当てをもってくるような季節になってきました。
今年は、11月にしては比較的暖かいのではないかと思いますが、それでも少しずつですが寒くなってきました。

さて、当校では来週からウォームビズが実施されます。
ECOの立場から、暖房をあまりに高く設定しないように指導していきます。
学生は、授業中白衣着用です。
しっかり着込んで寒さに対応していくような指導があります。

確かに、最近の温暖化のせいか冬がそれほど寒くない年が多いような気がします。
先日、急に寒くなり新潟でも雪が降りましたが、突発的なものでした。
その後の今週は暖房をつける日がそんなに多くなかったような気がします。

昔は、新潟では暖房費が高く、冷房費がかからないと言われていたのですが、最近は逆になりつつあるような気がします。
出来る限りのECOは、必要なのでしょう。
少し生活を見直してみたいと思う今日この頃です。

鍼灸で免疫力UPemojiemotion01

鍼灸学科学科長の小野です。

新型インフルエンザが猛威を振るっていますemojiface03
鍼灸は、免疫力を向上させるものとしてアメリカではHIVの治療にも使われています。
当校の学生は、実技の練習で下手なりに数多く鍼を打たれたりお灸をされる授業を続けています。
もし、鍼灸学科の学生が新型インフルエンザに感染する率が少なかったとすれば、もしかしたら免疫力の向上という点では関係があるのかもしれません。
(他方で、「なんとかは、風邪引かない」でないことを祈ります( *´艸) )

皆さんも、新型インフルエンザ予防に鍼灸というのも良いかも知れません。
お気軽に当校までお問い合わせください。

11月に入り3年生は、忙しくなってきました。
11月27日に卒業見込みの実技試験、12月4日に卒業見込みペーパー試験が行われます。
この試験に向けて、11月21日には模擬試験があります。
今年は、一つ移行期間でもあります。
というのも、今年から経穴の教科書が変わりいわゆる「ツボ」(経穴)の位置が変わりました。
国家試験では、まだ新しいものが出題されることがないはずですがしばらくは混乱が予想されます。
これから卒業する学生の経穴の取り方と臨床で仕事をされている先生方で変わってきます。
もともと臨床の先生方では、それぞれ変わってくるので国家試験ではいろいろあるでしょうが、臨床の現場ではあまり混乱はないのでしょう。
経穴のとり方では、何丁目何番地のような細かなものではなく大雑把なものですので人によって変わってくる部分があります。
これが、伝統医学の哲学観なのです。
学生達をみていると高校まで「これは、これ」というデカルト的な哲学観で勉強を続けてきたのでこういった伝統医学の哲学観は苦手なようです。
入学までに少し新しいものの見方も勉強していると授業が楽なのかもしれません。

★お米★

鍼灸学科学科長の小野です(^⊆^)

食欲の秋ですemojiface01emojilife02
先日、患者様から新米を頂きましたemojiemotion02それも玄米の状態です。

40才近くになると、初めての経験は少なくなりますが、
人生初の精米にチャレンジしましたemojiemotion01emojiemotion01
事前にネットで新潟市内の精米機を探したのですが、なかなか出てきませんemojiface02
そこで、農協に問い合わせてなんとか近所で見つけ、初めて「コイン精米機」を使いました。
どのボタンを押して良いのか戸惑いながら、なんとか30キロの精米に成功しました(^へ^)v


新潟ではこういうことは当たり前のようで、うちの学生達が普段いかに美味しいお米を
食べているのかも良く分かりました。
中国研修中に、『日本のお米が食べたい』という学生の気持ちが分かりました。

新型インフルエンザの予防に何より栄養の確保という説もありますemojiemotion02
いろいろ言い訳をつけながら、食欲の秋で食欲が進む今日この頃です(^口^;)
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»