新潟の医療・鍼灸専門学校 ICMトップ > 鍼灸学科 > 記事:"教員にとって大切なもの"

教員にとって大切なもの

鍼灸学科学科長の小野ですemojimthappy01

新潟は、ここのところ良いお天気が続いていますemojiweather01

本来だと梅雨時期で、結構雨が多いのですが今年は珍しいです。

ただ、この時期に思い出すのが数年前ですが7月13日に三条で発生した水害です。

今年も後半戦で一気に降るようなことがなければ良いのですがemojimtrain



今日は私のお気に入りを一つ紹介します。

教務や臨床の中で健康は大事ですが、特に重要なのが声や喉ですemojimtkaraoke

どうしても喋る仕事なので喉がやられることがあります。

それを防止してくれるのが、こちらの飴です。

null

昔は、中国でも有名なものではなく、薬局に売ってる程度のものでした。

いまや、中国でも空港などでも売られる有名なお土産になってしまいましたemojimthappy01emojimtgood

こちらの飴の成分ですが、羅漢果というのどに潤いを与えてくれる成分があります。

日本の喉飴より若干甘さが少ないので、食べやすい感じはあります。

この飴のおかげでなんとか喉の潤いが保てています。

最近では、無糖タイプもありいろんなタイプも出てきたようですemojimtshine



さて、鍼灸学科1年生は、基礎力検定として先日漢字検定を受験しました。

結果はまだですが、全員合格してもらいたいものです。

基本は、3級をベースにしていますが既に取得している人はその上を目指してもらっています。

教科書を読むにしても、最低限の漢字能力は必要ですemojimtpencil

これは、鍼灸学科だけでなく全校的な取り組みです。

なんとか、3級はクリアしてもらいたいものですemojimtsmile