新潟の医療・鍼灸専門学校 ICMトップ > 臨床工学技士科 > 記事:"人工心臓を知っていますか?"

人工心臓を知っていますか?

こんにちはemojiweather01
臨床工学技士科2年のブログ担当 杉本ですemojimthappy01

本年度の授業はすべて終了いたしましたemojimtsign01
学生である以上避けては通れない期末試験も終わり、再試験中です。
 
遅くなりましたが、先日『外科』の最終授業は、
担当教員のS先生のご厚意により、わざわざ東京から臨床現場で働く
臨床工学技士のNさんをお招きし、特別授業をして頂きました。

テーマは「人工心臓」についてです。
あまり聞き慣れないことばですが、どんなものか想像がつくでしょうか?
心臓の刺激伝導系に異常がある方がペースメーカの
助けを借りて心臓の働きを正常に保つように、
心臓自体に異常がある方が「人工心臓」の
助けを借りて正常に保つための医療器具です。


しかし、この「人工心臓」は一時的使用を目的としており、
薬物治療や外科手術治療で改善が見込めない心臓移植適応患者を対象としています。

2010年に臓器移植法が改訂され、移植実績数は増えてきてはいますが、2012年の心臓移植件数は28件で、アメリカの年間2000例以上に比べるとまだまだ少ないのが日本の現状です。
アメリカでの平均待機日数49日に対して、日本では平均950日以上……
 ドナーが見つかるまでの長い期間における手助けとして「人工心臓」があるのです。

null


 心臓移植を行える施設が少ない日本では、この「人工心臓」を扱える施設にも限りがあります。そのため臨床工学技士として入職しても、今後「人工心臓」に携わる機会が少ないかもしれません。とても貴重で有意義な時間でした。

本当にありがとうございました。

null

  大変貴重な超小型の人工心臓ですemojimtsign01