美容鍼灸emojiemotion04

鍼灸学科学科長の小野です。



新潟は、非常にややこしい天気になっていますemojiface02

急に晴れて暑くなったりemojiweather01雨が降って寒くなったりemojiweather03が繰り返されています。

何やら予報だと新潟は、今年も雪が多く寒いようですが今後の予想がつきません。



さて、今日は美容鍼灸のお話。

昨日、夜間部の授業で美容について授業や実技を行いました。

意外と男性陣が興味を持っていて、驚きました。

美容鍼灸というと、「顔に鍼刺すんですか!?」と驚かれることがあります。

確かに、鍼を刺すものもありますし、刺さない鍼で刺激する場合もあります。

美容の鍼で「どんな効果がでるの?」と素朴な疑問が出てきます。

目の下のクマ・シミ・頬のたるみ・年齢とともに気になるほうれい線等々様々な効果
があります。



昨日も授業でやって直後効果が出たのは、左右上下のアンバランス改善です。

意外と人間シンメトリック(左右対称)ではありません。

眉頭や眉尻が右だけ上がっていたり、口角が左だけ下っていたりします。

この原因として、歯の問題があったりします。

虫歯があったり、歯に問題があると片方だけで噛んでいたりします。
これによってバランスが崩れます。

こういった場合、片方にひきつり(筋緊張)が出るので、そこに鍼を打ってやると
バランスがとれるのです。

こういったバランスが取れるだけでも、随分見た目の印象も変わります。



鍼灸は、非常に広い範囲を網羅しています。

当校では、幅の広い範囲で教えています。