新潟の医療・鍼灸専門学校 ICMトップ > ICMニュース > 記事:"頑張れ受験生!その2"

頑張れ受験生!その2

鍼灸学科主任の小野です。
11月30日、鍼灸学科では実技試験が行われました。

はり師・きゅう師とは、人体に触れて、その病態を把握して治療を行うことが許された国家資格です。

でも実は、国家試験には実技試験がありません。
その分、学校でしっかり見極めをしてから卒業させるように国から指導されています。責任重大です!

実技試験では、緊張で手が冷たくなって、冷たい手でお腹を触られ続けたのでお腹が痛くなってしまった学生も・・・(よっぽどの緊張だったのでしょう)

臨床現場は、知識や技術だけでなく如何に患者様に配慮できるかです。
本番の臨床は僅かなチャンスを活かしてこそ、この世界で喰っていけるのです。
がんばれ受験生!!