【鍼灸学科】学科を越えて授業 『看護学科と伝統医学』

鍼灸学科主任の小野です。

2月28日
看護学科の授業を行いました。
当校では、様々な医療職種の学科があります。
各学科の中で、それぞれの職種を理解する上で他学科の教員が授業を行うことがあります。

今回は、伝統医学のものの考え方と手技実技の実技を私が看護学科で行いました。
伝統医学の講義では、西洋医学とは異なった人体の捉え方について講義を行いました。
鍼灸学科では、1年間かけて行うような講義ですので駆け足での講義でしたので
消化不良になっているかもしれません。

実技は、座位での肩背部の按摩(あんま)指圧と手足のオイルマッサージを行いました。
オイルマッサージでは、かなり気に入ったらしく「このオイルどこに売ってるのですか?」と質問されるぐらいでした。(近くの原信で売ってるのですが)

私も、普段と違う多学科の学生の講義で感心されるポイントがこんなにも違うのかと驚きました。


カレンダー

<   2017-07   >
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

RSS 2.0 FEED