厚生労働大臣指定 臨床工学技士養成所 看護師養成所 はり師・きゅう師養成施設
(一社)日本病院会認定 診療情報管理士認定校 文部科学省認定 職業実践専門課程

  • MENU
  • 電話で問い合わせ
  • 資料請求
  • オープンキャンパス

ホーム > 診療情報管理士

診療情報管理士

診療情報管理士とは?

診療記録(カルテ)には病名や治療法・検査データなど、たくさんの情報が含まれています。
診療情報管理士は記録に不備がないかチェックし、疾病や手術をデータベース化し、更に分析して統計資料の作成を行うのが主な仕事です。
また重要な仕事として「コーディング」があります。これはWHO(世界保健機関)が定めた「国際疾病分類」に基づいて病名をコード化(英数字に並び替え)することです。これにより他の病院や海外とも情報の共有が可能となります。
診療記録を適切に管理・分析することは、医療の質やサービス向上の面からも、診療や研究そして病院経営の面からも非常に重要なことなのです。そのため「診 療情報管理室」を設置する病院が年々増えています。
「電子カルテ」の導入や「カルテ開示」の法制化などが進められるなど、診療情報の管理は大きな変革期にあり、これから大変注目される医療専門職と言えるでしょう。

診療情報管理士への道

(社)日本病院会の通信教育を修了するか、(社)日本病院会から指定を受けた学校で所定の科目を履修すると、診療情報管理士認定試験の受験資格が得られます。
認定試験に合格すると「診療情報管理士」として登録されます。

先頭へ戻る