厚生労働大臣指定 臨床工学技士養成所 看護師養成所 はり師・きゅう師養成施設
(一社)日本病院会認定 診療情報管理士認定校 文部科学省認定 職業実践専門課程

  • MENU
  • 電話で問い合わせ
  • 資料請求
  • オープンキャンパス

ホーム > 医療情報技師

医療情報技師

医療情報技師とは?

医療機関において、カルテや患者さまの情報をコンピュータ管理する病院が増えています。規模の大きな病院では、薬の処方、各種検査の予約や結果報告を電子化し、スピーディに処理できる「オーダリングシステム」の導入も進んでいます。そのような医療現場で、コンピュータのプロとして情報システムを企画、開発、運用管理、保守をするのが医療情報技師です。
実際の医療現場で使いやすく、安全なシステムを構築するためには、通信や情報に関する知識や技術だけでなく、医学用語や医療に関する法律、外来受付や診察、検査のオーダー、入院などの一般的なプロセスを理解することや、人体の構造や病理病態など基本的な医学の知識が必要です。つまり「医療」と「情報」両方の知識が必要なのです。
医療情報技師は、「電子カルテ」の導入や「地域ネットワーク医療」の推進といった面からも、まさにこれから求められる資格・スキルと言えるでしょう。

医療情報技師への道

日本医療情報学会が行う医療情報技師能力検定試験に合格すると、医療情報技師として認定されます。
認定試験では「情報処理技術」「医学・医療」「医療情報システム」の3分野全ての合格が必要です。

先頭へ戻る