厚生労働大臣指定 臨床工学技士養成所 看護師養成所 はり師・きゅう師養成施設
(一社)日本病院会認定 診療情報管理士認定校 文部科学省認定 職業実践専門課程

  • MENU
  • 電話で問い合わせ
  • 資料請求
  • オープンキャンパス

ホーム > 医師事務作業補助者

医師事務作業補助者(ドクターズクラーク)

医師事務作業補助者とは?

ここ数年社会問題となっている慢性的な医師不足は、救急患者のたらい回しや診察待ちの長時間化など私たちの生活にも大きな支障をきたしています。医師は診察以外にもカルテの記載(入力)、診断書、処方せん、紹介書の作成など煩雑な事務作業も行っており、本来の医療行為に専念できず、医師の大きな負担になっています。
そこで、医師に本来の医療行為に専念してもらう為、医師の事務作業をサポートする「医師事務作業補助者」が注目されています。医師事務作業補助者は、これまで医師が行っていた診断書などの文書作成、処方せんの作成、検査の予約などを医師の指示のもとで、医師に代わって行います。医師は事務作業の負担が軽くなった分、本来の業務である医療行為の時間をより長くもてるようになります。医師事務作業補助者は、「医療現場の質の向上」に貢献する、やりがいのある仕事なのです。
さらに2008年には勤務医の業務負担軽減のため「医師事務作業補助者」の配置が診療報酬請求の対象となりました。そのため特に大型病院では積極的に導入を進めています。

先頭へ戻る