新潟の医療・鍼灸専門学校 ICMトップ > 鍼灸学科 > 記事:"国際感覚を持った鍼灸師へ!"

国際感覚を持った鍼灸師へ!

鍼灸学科学科長の小野です。(^▽^)ドモ



新潟は、いよいよ冬到来emojiweather06です。

東京の方では、今週ぐらいからようやく暖房をつけだしたようですが新潟では結構前からです。

特に、当校の実技室は1階で底冷えするので普通の空調だけでは足りませんemojiface06

そろそろ、補助暖房の石油ストーブを出さなくてはならない時期のようです。



さて、今日は進路の話です。

当校の卒業生は、様々な方面に就職したり進学しています。

その中である卒業生から電話があり、「海外に出たい」との相談でした。

卒業して2年ぐらい就職していたのですが、これからの時代最低限の中国語や英語が必要だということに気付き留学やワーキングホリデーの準備を進めていますemojiemotion05

当校では、カリキュラムの中では中国語や英語をやっています。

しかし、実際に使っていないと忘れるでしょうし、本場に行ってみないとなかなか定着しないでしょう。

当校のカリキュラムの特徴として「国際」メディカル専門学校ですから国際性を身につけてもらうことが目標ですemojiemotion02



私自身、英語圏や中国語圏で仕事をしてきていろいろなことを勉強させてもらいました。

うちの学生達にも推奨しているのですが、若いうちに海外にでることは大いに賛成です。



これからも、どんどん世界に向かって行ってくれることを期待します。