臨床実習

鍼灸学科学科長の小野ですemoji558

さて、3年生の臨床実習が開始されました。
5月のGW明けにガイダンスや見学からスタートして、今週から患者さまへのメディカルインタビュー(問診)の実習に進んでいます。
相当緊張している様子で、学生達は汗だくになっていますemojimtsweat01
慣れも必要ですが、まだまだ緊張の方が強いようです。

ちなみに、臨床実習は毎週月曜日に行っております。
14:00、14:30、15:00、15:30、18:00、18:30、19:00、19:30の枠があります。
教員に指導を受けながら学生が実習をするので、1時間半から2時間ぐらい時間がかかりますが、治療は教員が無料で行います。
学生の実習にご協力いただける方は、下記へお問い合わせ頂ければと思います。

国際メディカル専門学校 附属はりきゅう治療院
担当:小野 025-255-1521

美容鍼灸emojiemotion04

鍼灸学科学科長の小野です。



新潟は、非常にややこしい天気になっていますemojiface02

急に晴れて暑くなったりemojiweather01雨が降って寒くなったりemojiweather03が繰り返されています。

何やら予報だと新潟は、今年も雪が多く寒いようですが今後の予想がつきません。



さて、今日は美容鍼灸のお話。

昨日、夜間部の授業で美容について授業や実技を行いました。

意外と男性陣が興味を持っていて、驚きました。

美容鍼灸というと、「顔に鍼刺すんですか!?」と驚かれることがあります。

確かに、鍼を刺すものもありますし、刺さない鍼で刺激する場合もあります。

美容の鍼で「どんな効果がでるの?」と素朴な疑問が出てきます。

目の下のクマ・シミ・頬のたるみ・年齢とともに気になるほうれい線等々様々な効果
があります。



昨日も授業でやって直後効果が出たのは、左右上下のアンバランス改善です。

意外と人間シンメトリック(左右対称)ではありません。

眉頭や眉尻が右だけ上がっていたり、口角が左だけ下っていたりします。

この原因として、歯の問題があったりします。

虫歯があったり、歯に問題があると片方だけで噛んでいたりします。
これによってバランスが崩れます。

こういった場合、片方にひきつり(筋緊張)が出るので、そこに鍼を打ってやると
バランスがとれるのです。

こういったバランスが取れるだけでも、随分見た目の印象も変わります。



鍼灸は、非常に広い範囲を網羅しています。

当校では、幅の広い範囲で教えています。

鍼灸 おトク情報emojiemotion05

鍼灸学科学科長の小野です。

5月もGWが明けて、天候も不安定な日々ですが如何お過ごしでしょうか?
さて、今日は一つおトクな情報をemojiemotion04

6月1日より、臨床実習が始まります。
臨床実習とは、鍼灸学科の3年生が臨床の現場を経験していく授業です。
この中で、3年生は実際の患者さんに対して所見をとり、治療方針を立てていく訓練をしていきます。

そこで!この実習にご協力いただける患者様を募集していますemojiface01
ご協力患者様は、料金無料emojiemotion01
最初の所見をとるのは学生ですが、指導教員がフィードバックし、その後資格をもった教員が治療にあたりますので安心して治療を受けていただけます。
ただ、学生が対応するので時間がかかってしまいますが・・・
このことを、踏まえて頂ければ非常におトクな治療を受けられると思います。

時間は、毎週月曜日
13時30分ー15時受付と、
18時ー20時受付です。

ご協力いただける方は、ぜひ下記治療院 小野宛にご連絡くださいemojiclover

●国際メディカル専門学校 附属はりきゅう治療院●
 TEL 025-255-1521