厚生労働大臣指定 臨床工学技士養成所 看護師養成所 はり師・きゅう師養成施設
(一社)日本病院会認定 診療情報管理士認定校 文部科学省認定 職業実践専門課程

  • MENU
  • 電話で問い合わせ
  • 資料請求
  • オープンキャンパス

ホーム > 医療現場の第一線で活躍するOB・OG

ICMなら医療を仕事にできる!

医療現場の第一線で活躍するOB・OG

ICMで医療の知識と技術を身につけ、医療の最前線で活躍する先輩たち。
患者さまに笑顔と安心を届け、「ありがとう」の言葉にやりがいを感じています。

臨床工学技士科

本望 翼さん
[五泉高校(新潟県)出身]

広い視点から患者さまをサポートします!

血液透析室や手術室など様々な場所で仕事をしています。この仕事を選んだ理由は、元々機械に触れることが好きだった自分を活かせると考えたからです。臨床工学技士は医療機器管理だけではなく、患者さまのサポートも大切な業務です。
すごくやりがいがありますよ!

原 隆芳さん
[新津高校(新潟県)出身 ]

求められるのは日々学ぶ姿勢です!

私は手術室や救命救急センターなどで医療機器の操作や点検等を担当しています。医療機器のスペシャリストとして他の医療職種の方々からも頼られる存在です。私が臨床工学技士を目指したのは医療職種の中でも就職に強く、自分の機械好きなところが活きると思ったからです。働いてからは、日々進化する医療の現場に携わる一員として常に新しいものを学んでいく姿勢が大切だと強く感じています。

堀米 一馬さん
[谷地高校(山形県)出身]

一人でも多くの人に笑顔を届けたい!

臨床工学技士は、透析業務や人工心肺装置の操作などの病院内の様々な分野で活躍でき、たくさんの人の支えになれる魅力があります。ICMでは国家試験の勉強のみならず、現場で活用できる実践的な知識が学べ、その経験が今、生きています。一人でも多くの人に笑顔を届けられるようこれからも頑張ります!

診療情報管理士学科

山口 智代さん
[喜多方高校(福島県)出身]

医師事務作業補助者(ドクターズクラーク)は、医師との連携や信頼関係、患者さまとの接し方が重要。

病院の診察室で医師の指示のもと、電子カルテの代行入力、検査の予約をします。スムーズな診察をサポートする事が役目で患者さまと触れ合える楽しさもありますよ。

大竹 望さん
[万代高校(新潟県)出身]

笑顔いっぱいの病院で
患者さまを元気にしていきたい。

現在はカルテ管理や受付業務を行っています。ICMで教わった医学用語の中でも略語の勉強が職場では活かされています。
患者さまや医療スタッフなど年代問わず多くの人に接する診療情報管理士の立場から、明るい病院を作っていきたいです。

猪原 幸子さん
[豊田高校(東京都)出身]

カルテの記載漏れや間違いは見逃しません!
正しい管理、分析で医師、看護士、患者さまを支えます。

ICMでは解剖・生理学や基礎医学などの医学知識や医療事務のノウハウを身につけました。それに「チーム医療」の一員として医師や看護師、医療事務など様々なスタッフと連携する仕事なので、目上の人との話し方やビジネスマナー、コミュニケーションスキルも必要ですよ。

看護学科

西巻 友里さん
[旧柿崎高校(新潟県)出身]

当たり前の積み重ねが自信につながる

県立病院ではいろいろな病院のいろいろな科を経験でき、たくさんのことが勉強出来ます。深めたいと思っている分野があり、それが勉強できるので毎日楽しいです。

岡部 彩乃さん
[新八海高校(新潟県)出身]

病棟のセンパイのように後輩に
指導やアドバイスができるようになりたい!

ICMで学んでいるときから、脳神経外科が好きでもっと学びたいと考え、就職を決めました。職場の先輩だけでなく他の医療職の皆さんとも声を掛け合い、チームワークはバッチリです。先輩たちのように新人さんや後輩に指導やアドバイスのできる看護師になりたいです。

鍼灸学科

梅田 正人さん
[旧燕高校(新潟県)出身]
ICM→治療院勤務→独立開業

すべて自分たちでつくりあげる「やりがい」と「楽しみ」でいっぱいです。

「健康」「美容」を中心に地元新潟を元気にしたい、もっと鍼灸を広めていきたいという思いで開業しました。お店をプロデュースできる楽しみ、広告に対する工夫など思ったこと、感じたことを実行できる楽しさがありますよ。

尾崎 真美さん
[桜井高校(富山県)出身]

選手と共に成長し、
試合での感動を共有しています!

私はダブルスクール制度を利用してスポーツトレーナーと鍼灸両方の知識を3年間で学びました。現在は夢であったプロの現場で選手の傷害予防やリハビリ、トレーニング指導などを行っています。プロ選手を陰からサポートでき、選手と共に日々成長し、試合での感動を共有しています。

医療事務総合学科

斎藤 郁実さん
[新発田商業高校(新潟県)出身]

元気になった姿を見ると
この仕事をしていてよかったと思います。

小さいときの入院体験から医療の仕事に興味があり、PCが得意だったので、そのまま医療事務を学ぼうと思いました。今の職場では、受付・会計、診療報酬請求、診療補助、電子カルテ入力などを担当しています。子ども達が「先生のおかげで元気になった!」と受付に来て話をしてくれます。元気になった姿を見るとこの仕事をしていてよかったと思います。

駒形 茜さん
[小出高校(新潟県)出身]

もっと患者さまに頼ってもらえるような
医療人になりたいです。

現在は処方せん受付、レセプト請求の他に販売している商品説明をしています。患者さまが探している介護用品などを取り寄せ、「ありがとう」と言ってもらえた時はとてもやりがいを感じます。
医療現場で働きたいと思い、検定や資格の合格率の高さと就職実績からICMに決めました。ICMで薬学の授業を受けてから薬剤に興味を持ったので調剤薬局への就職を決めました。

フリーペーパー「CUTIN」7月号にICM卒業生のインタビューが掲載されました!

画像をクリックすると拡大して表示されます。

フリーペーパー「CUTIN」7月号にICM卒業生のインタビューが掲載されました!

画像をクリックすると拡大して表示されます。

先頭へ戻る